お金を借りる、という行為

お金を借りる、という行為は時代とともに少しずつ変化してきましたね。
現代では、キャッシングという名のとっても気軽に借りられる借金がとても人気になっています。

そんなキャッシングが誕生してから、日本の貸し金に対する法律は厳しくもなりました。
様々な社会的問題が発生したりしましたから、これは当然ですが、
この前は年収の3分の1までしか借り入れることができないという法律もできましたよね。

そんなキャッシング、貸し金の業界なんですけど、これからはどうなっていくんでしょうか?
今のキャッシングなどの利率の上限は29.2%ですけど、
これからはもっと低くなっていってしまうんでしょうか?

未来のことは誰にも分かりません。

This entry was posted on 火曜日, 4月 9th, 2013 at 11:50 PM and is filed under キャッシング関連. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.